カテゴリー別アーカイブ: 60年代の記憶

最も古くて最も新しい_今年は『2001年宇宙の旅』50周年

今年は、『2001年宇宙の旅』の公開50周年。そしてスタンリー・キューブリック監督生誕90周年。世界各地でこの節目となる年を記念した催しが次々と開かれています。

最も古くて最も新しい_今年は『2001年宇宙の旅』50周年 の続きを読む

広告

My「サマー・オブ・ラブ」_バート・バカラック

たぶん1971年当時、教室でこんな会話をしていた高校生は他にはいなかったでしょう。それは友人との間でしばらく続けたある議論。

「ビートルズとバカラックのどちらがすばらしいか。」

My「サマー・オブ・ラブ」_バート・バカラック の続きを読む

My「サマー・オブ・ラブ」_ミスティック・ムード・オーケストラ

「ビニールの音質の完璧さは、デジタル時代に新しいファンを見つけるか?」

海外のニュースの機械翻訳でみつけたこのフレーズ、『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』的で気に入っています。

My「サマー・オブ・ラブ」_ミスティック・ムード・オーケストラ の続きを読む

My「サマー・オブ・ラブ」_ラウンジからの60’s

60年代には大きな文化的トピックスがいくつも現れて、ラウンジ・ミュージック流行と平行してカウンターカルチャーに影響されたさまざまなスタイルの音楽が生まれ広がりました。

My「サマー・オブ・ラブ」_ラウンジからの60’s の続きを読む

My「サマー・オブ・ラブ」_夢のハーモニー

「灯りがまたひとつ消えて 窓がひとつ また眠りにつきました。 今日と明日の狭間に 夜が静かに更けてまいります。 おやすみ前のひとときを音楽でお過ごしください。」

My「サマー・オブ・ラブ」_夢のハーモニー の続きを読む