カテゴリー別アーカイブ: 鳴子ダイエー物語

ドアの向こうの夏時代。_鳴子ダイエー物語 3

彼はいつまでたっても、ドアというドアを試せば、必ずそのひとつは夏に通じるという確信を、棄てようとはしないのだ。
そしてもちろん、僕はピートの肩を持つ。

『The Door into Summer』Robert Anson Heinlein

ドアの向こうの夏時代。_鳴子ダイエー物語 3 の続きを読む

広告

ほんの数百メートルのかよい道_鳴子ダイエー物語 2

ダイエー鳴子店は天白区の「久方」にありました。ところが「鳴子」という地名は緑区にあります。鳴子と久方は田畑が横たわり、行き来の少ないまったく別の街でした。 …

ほんの数百メートルのかよい道_鳴子ダイエー物語 2 の続きを読む