O君の想ひ出

最近、新しい歯医者に通い始めた。

そこの先生は同じ地元の中学校出身だそうで、後輩になるらしい。
そこで恐る恐る聞いてみた。

「O先生は今どうしているか知っていますか。」

小学校時代

20170610_01-2017-06-10-21-18.jpg

彼は、小学校のときに引っ越してきた時に同じクラスで、生徒会会長に立候補した。

そのポスターを描いたのは自分。

いわゆる優等生といったタイプではないが、自尊心が高いヤツだった。

繊細さに欠けた粗野な自分に較べて、いつも落ち着いていた。

一度も勝てなかった彼との囲碁。

中学校時代

20170610_02-2017-06-10-21-18.jpg

高校時代

高校も同じクラスだった。席も自分の真ん前。

ただ、新学期も数週間過ぎた頃、突然姿を消してしまった。

同じ中学校出身なので、その理由をずいぶん聞かれたが、自分にも心当たりがなかった。

O君と自分がこの高校でうまくやっていけるのか心配していた中学校の先生がいた。

予想に反し、物事を深く考えることのなかった自分はうまく適応することができて、無事に卒業することができた。

しかし彼にはその予想が的中したよう。

なんで分かったのか。

不思議なことに、彼のことを覚えている同級生も多く、同窓会でもときどき話題に。

10年後
20170610_03-2017-06-10-21-18.jpg

彼が再び、自分の前に現れたのはそれから10年後、30の歳を数えた頃。

高校を1年で中退後、 ひきこもりとなった彼が大検を経て歯科大学を卒業して、近所に歯科医院を開業したとき。

うれしかった。

それからは、仕事でのストレスは歯にくるほうだったので、ずいぶんとお世話に。

確かに歯の治療は痛いが、治療の終わった後の爽快感にストレスは消えてなくなっていた。

行き違いで、若くして亡くなった彼の奥さんの葬儀に出席できなかったのが悔やまれる。

20170610_04jpg-2017-06-10-21-18.jpg

彼の部屋に Mac とインターネットをセットアップ。

彼の家で、お袋さんの作ったカレーライスをいただく。
ご両親ともずいぶんおひさしぶり、お元気でなによりでした。

突然の閉院

ある日、また歯が痛くなったので、いつものように予約の電話をかけた。

呼び出し音は聞こえるのに、誰も出ない。

そんな状態がずっと続くので、不思議に思い、近所に住む友人に聞いてみる。

どうやら突然閉院したらしく、その理由も分からない。廻りでも不思議がっているようだということ。

病院に行ってみてもドアに張り紙もなく、ドアから覗いた待合室の壁に貼ってあった来院した子供たちのポラロイド写真だけがきれいになくなっている。

携帯もかかるが、コール音がずっと繰り返されるだけ。

一体、何が彼の上に起きたのか。

インターネットで検索して、その状況の痕跡を掴もうとしたが、消えた年以降の情報はない。60歳過ぎの年代は、インターネットに情報を残すことも少なく、その消息は皆無としてしれない。

20170610_05-2017-06-10-21-18.jpg

同窓会でも話題になり、酔った勢いで「今から押掛けようぜ。」と叫ぶやつ。

それから2年後。

それから2年後、新しい歯医者に通い始めた。

そこの先生は同じ地元の中学校出身だそうで、後輩になるらしい。

恐る恐る聞いてみた。

「O先生は今どうしているか知っていますか。」

返ってきた言葉は、

「O先生なら、亡くなりました。」

必ずどこかで元気にしていると信じていた自分にとって、あまりの予想外の答えに、治療のために開けたまま口をそのままに、一瞬放心状態に。

そして驚きと共に、「尋ねるじゃなかった。」という後悔の思い。

今思い出してみると、確かに晩年の彼の所作になんとなく違和感を感じていたのは確か。でも、それがこんな別れにつながるなんて思いもしなかった。

肉親が死んだ時とは違うこの気持ちは一体。

でもやっぱり、彼はどこかで悠々自適にやっている、そんな気がする。そう信じたい。


本日の一曲


Yanni Whispers in the Dark

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中