水木しげる作品と少年時代_1967年以降

1967年 (昭和42年) 中学校1年


Bee Gees – Massachusetts(1967)

少年マガジン『ゲゲゲの鬼太郎』連載開始(1967年 5月)

1967年からは正式な連載作品となる。

漫画アクション『ルパン三世』連載開始(1967年 8月)

20151219_11-2015-12-16-10-31.jpg
8月10日号(創刊号)

『漫画アクション』は最初期の青年漫画誌であり、貸本劇画出身の漫画家を積極的に起用し、青年漫画ブームおよび劇画ブームの基盤となった。

モンキー・パンチの『ルパン三世』が読みたくて、親父にタバコを頼まれる度にわざわざ遠くのタバコ屋に行き、ついでに頼まれたようなフリをして買って読んでました。

チャンスの神様は毛は3本といいます。水木先生はそれをしっかり掴んでブームに乗ったようです。そこにも水木作品が。

『日本の民話』

『漫画アクション』創刊号からシリーズ連載された水木作品で、その向こうには松谷みよ子の日本の民話、そして柳田国男の民族学の世界が待っていたのです。
mizuki_3-2015-12-16-10-31.jpg
役の行者/一つ目小僧/貧乏神/猫の町/離魂術/人面草/小豆洗い/幽霊屋敷/影女/雨女/帰って来た男/島/大人物/打ち出の小槌/管狐/ボヤ鬼/時の神/ぬっぺふほふ/梅干し/異次元の色気

少年少女世界名作文学シリーズ(1967年)

20151219_59-2015-12-16-10-31.jpg

この年の配本には中国の古典が入っていて、初めて中国の神話や民話に触れました。興味深く読むことができたのは水木作品による影響でした。

42.東洋編ー1:三国志(羅貫中 原作)/ルバイヤート(オマル・ハイヤーム原作)/大勇士ルスタム物語(フェルドゥーセィー原作)/韓国短編集/ジャータカ物語/シャクンタラー(カーリダーサ原作)

43.東洋編ー2:水滸傳/故事成語・笑話集/中国現代短編集/神仙譚/中国詩選/剪燈新話(瞿佑 原作)/聊斎志異(蒲松齢 原作)

この頃水木先生の周辺では、

201512_33-2015-12-16-10-31.jpg

19 鬼太郎ブームがはじまった

アニメ版『ゲゲゲの鬼太郎』放送開始(1968年 1月)

『ゲゲゲの鬼太郎』第1シリーズ (60’s) 1968年1月3日 – 1969年3月30日


ゲゲゲの鬼太郎オープニング ’60s

1968年(昭和43年)中学校2年

そして1968年4月『2001年宇宙の旅』との出逢い。

20151219_05-2015-12-16-10-31.jpg

20151219_06-2015-12-16-10-31.jpg
20151219_07-2015-12-16-10-31.jpg


1967年→
20151219_10-2015-12-16-10-31.jpg

メモリアル・ダイヤモンド(2004年)

141029diamond-02-2015-12-16-10-31.jpg

2004年にアルゴダンザというスイスの会社が始めた遺骨から作るダイヤモンド。

¥480,000(0.20 Ct)~¥2,530,000(1.00 Ct)

20151219_79-jpg-2015-12-16-10-31.jpeg

アルゴダンザ本社のあるグラウビュンデン州は、「アルプスの少女ハイジ」の舞台となったことでも有名です。原作家のヨハンナ・シュピリが若いころ滞在していた村の近くにあるマイエンフェルトが舞台です。

現在、マイエンフェルトにはハイジの冬の家をイメージした旧家屋があり、内部は原作が書かれた当時(1800年代後半)の生活の様子の分かる博物館としての展示がしてあります。

バートラガッツライン川を挟んだ反対側にはバードラガッツ村。こちらはクララが湯治をしたとされる村で、現在でも温泉が湧き、非常に高級なホテルリゾートになっています。宿泊しなくともゴージャスな温泉プールでクララ気分が味わえるので、お近くにお寄りの際はお立ち寄りになってはいかがでしょうか。

葬送の新潮流 LED納骨堂

20151219_81-2015-12-16-10-31.jpg
20151219_82-2015-12-16-10-31.jpg

幸国寺納骨堂「瑠璃殿」(2006年)

201512_45-2015-12-16-10-31.jpg

201512_46-2015-12-16-10-31.jpg

「琉璃基」と呼ばれるガラス製のLEDで発光する小さな仏様2046体がぐるりと配置されています。

万松寺納骨堂「水晶殿」(2009年)

e6b0b4e699b6e6aebfe58685e983a802-2015-12-16-10-31.png

こちらは、水晶殿はブルーLEDを活用した納骨堂。

NEXT → 水木しげる作品と少年時代_もう少し

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中