夏の月御油より出て赤坂や

夏の月

御油(ごゆ)より出て

赤坂や

この芭蕉の句は、見える時間が短い夏の月に、東海道五十三次の御油宿と赤坂宿があまりにも近いことを重ねて詠まれています。

大橋屋廃業の報

wpid-20150329_01-2015-03-29-10-361.jpg

今年 3月15日、その赤坂宿に現存した最後の旅籠(はたご)で、安藤広重の浮世絵に描かれ、松尾芭蕉が句を詠んだといわれる「大橋屋」が360年あまりの歴史に幕を下ろしました。

wpid-20150329_02-2015-03-29-10-361.jpg

偶然にも、昨年に訪ねていたのですが、たどり着くまでには「風が吹くと桶屋が儲かる」ような経緯がありました。

ANKARIS ..

wpid-20150329_03-2015-03-29-10-361.jpg

『ブレードランナー』や 『フィフス・エレメント』、『未来世紀ブラジル』で展開される未来風景は何だか楽しい気分になり大好きです。

SF小説『ニューロマンサー』のチバシティも同じ様な風景を想像させてくれます。

『ウルヴァリン: SAMURAI』

そして最近こんな一枚のアートに出会ったのです。

wpid-20150329_04-2015-03-29-10-361.jpg

それはネットで紹介されていた『ウルヴァリン: SAMURAI』のコンセプトアートでした。感激して、紹介されている Wayne Haag 氏のホームページを訪れてみました。

ankaris ..

Wayne Haag 氏は 『フィフス・エレメント』や『ロード・オブ・ザ・リング』、最近では『ウルヴァリン: SAMURAI』のマットペイントやコンセプトアートで知られているそうです。

そしてなんと、

wpid-20150329_05-2015-03-29-10-361.jpg

去年のブログ『クラビウス基地へ_2001年宇宙の旅』で紹介した『The Making of Stanley Kubrick’s ‘2oo1: A Space Odyssey’』(現在すでに完売になっています。)のカバーアートも氏によるものでした。

『クラビウス基地へ_2001年宇宙の旅』_SUDAREの部屋

そしてリー・ルー

サイトの「ART ARCHIVE」の「Film/TV Work」のトップを飾っているのが、『フィフス・エレメント』のマットペイント。

wpid-20150329_06-2015-03-29-10-361.jpg

うん、やっぱりいい。

その後、リー・ルーは『バイオハザード』でも大活躍しています。

そして、このマットペイントを見ていて、どこかで見たことのあるシーンなのが気になり始めたのです。

それが事の発端。記憶を辿り始めました。

GHOST IN THE SHELL

記憶に残る映画そしてアニメ

SF小説や映画そしてアニメは大好きで、ずいぶん読んだり観たりしています。そのうち記憶に残っている好きなものは、

1968年『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』SF小説
1968年『2001: A Space Odyssey(2001年宇宙の旅)』SF映画

1972年『サイレント・ランニング』SF映画
1973年『エクソシスト』ホラー映画
1979年『エイリアン』SF映画

1982年『ブレードランナー』SF映画
1982年『遊星からの物体X』ホラー映画
1984年『デューン/砂の惑星』SF映画
1985年『未来世紀ブラジル』SF映画
1986年『ニューロマンサー(Neuromancer)』SF小説
1987年『プレデター』SF映画
1988年『AKIRA(アキラ)』劇場版映画
1988年『となりのトトロ』劇場版映画
1989年『機動警察パトレイバー the Movie』劇場版アニメ
1989年『フィールド・オブ・ドリームス(Field of Dreams)』ホラー映画

1990年『ツイン・ピークス』ホラードラマ
1991年『究極超人あ~る』OVA
1993年『機動警察パトレイバー 2 the Movie』劇場版アニメ
1993年『獣兵衛忍風帖(じゅうべえにんぷうちょう)』劇場版アニメ
1995年『JM(Johnny Mnemonic)』SF映画
1995年『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』劇場版アニメ
1995年『新世紀エヴァンゲリオン』テレビアニメ
1995年『Xファイル』SFドラマ
1997年『フィフス・エレメント(The Fifth Element)』SF映画
1999年『シックス・センス(The Sixth Sense)』 ホラー映画

2001年『千と千尋の神隠し』劇場版アニメ
2001年『スペース・カウボーイ』SF映画
2002年『十二国記』NHKアニメ
2003年『獣兵衛忍風帖 龍宝玉篇』WOWOWアニメ
2003年『ソラリス』SF映画
2004年『スティーヴン・キングのキングダム・ホスピタル』ホラードラマ
2004年『イノセンス(INNOCENCE)』劇場版アニメ
2005年『カクレンボ(KAKURENBO)』OVA
2005年『サマータイムマシン・ブルース』SF映画
2006年『ケモノヅメ(Kemonozume)』WOWOWアニメ
2007年『神霊狩/GHOST HOUND』WOWOWアニメ
2007年『シグルイ』WOWOWアニメ
2007年『MOONLIGHT MILE』WOWOWアニメ
2008年『本格冒険科学映画 20世紀少年』映画
2009年『サマーウォーズ』劇場版アニメ

こうしてみると、年代の違いでしょうか、1970年代の『宇宙戦艦ヤマト』1980年代の『機動戦士ガンダム』はみごとに抜けています。多分、これらの作者や監督の世代の世界観を受け入られないのでしょう。
(富野 由悠季1941年生、松本 零士1938年生)

『スターウォーズ』『スタートレック』も観ていません。こちらは多分「音」がうるさいからだと思います。

思い出したのは草薙素子

そして思い出したのは、1995年『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の「少佐」草薙素子。

wpid-20150329_07-2015-03-29-10-361.jpg

高所から落ちるシーンは、ヒッチコック作品では『逃走迷路』など随所に使われていますが、やはり1988年の『ダイ・ハード』でのハンス・グルーバー(アラン・リックマン)の最後のシーンが有名です。

wpid-20150329_08-2015-03-29-10-361.jpg

アラン・リックマンは自らが死ぬシーンを撮影する際、3つ数えたら地上のエアバッグに飛び降りる約束を1カウント目で落され、あの迫真の演技につながったそうです。

ところが90年代後半には、ビルから落ちる女性達は平気な顔をして空中をダイブするように描かれます。いままで恐怖の象徴だったシーンが浮遊感を伴う爽快さに変化したのが印象的でした。

気になっていたのは『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の空中シーンでした。


6.20全国公開「攻殻機動隊 新劇場版」PV

背景音楽

映画やアニメには印象的な音楽がつきもの。それがきっかけで、長年聞き続けている作曲家も多くあります。

『2001: A Space Odyssey(2001年宇宙の旅)』で最も印象的だったのはリゲテイのレクイレム。


2001 Gy Ligeti Requiem

3年後にタンジェリン・ドリームの1971年『Alpha Centauri』にたどり着きます。


TANGERINE DREAM – Alpha Centauri [1971]

『エクソシスト』はヴァージン・レコードの第1回新譜として発売され、カタログ番号「V2001」が与えられた『チューブラー・ベルズ』(Tubular Bells)。

チューブラー・ベルズII (1992年)、チューブラー・ベルズIII (1998年)、ザ・ミレニアム・ベル (1999年)、チューブラー・ベルズ2003、チューブラー・ベルズ<2009年ヴァージョン> と時代に合わせて曲調を変えながら30年以上も演奏され続けています。


Mike Oldfield – Tubular Bells 2003

『ブレードランナー』1982年では『レイチェルズ・ソング』

『小景異情2_長い道の始まり。』_SUDAREの部屋

バンゲリスについては、1975年の『イグナチオ/奇蹟のランナー(Ignacio /Entends-Tu Les Chiens Aboyer? )』以来のファンでしたので、とうとうメジャーになったと大感動。


Blade Runner End Theme-Vangelis

『傀儡謡』

そして久しぶりに『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』を観ていて、
使用されている曲に『傀儡謡』があったのを思い出しました。


「傀儡謡_怨恨みて散る」

こちらは一度、去年のブログで紹介しています。そのときはかなり簡潔にしましたが、今回はそこに至るまでに書き溜めたもので構成しています。

『壮の頃に感じた_音に聞こえた「いにしえ」日本3』_SUDAREの部屋

芸能山城組の流れを汲むような、日本古来の大衆芸能を彷彿とさせる曲調は好きです。伊勢参道、間の山(あいのやま)のお杉・お玉達が謡ったら最高でしょう。

『間の山節(伊勢節)』

我に涙を添へよとや
ゆふべあしたの鐘の声
寂滅為楽と響けども
聞いて驚く人もなし

花は散りても春は咲く
鳥は古巣へ帰れども
行きて帰らぬ死出の旅

野辺より彼方の友とては
金剛界の曼陀羅と
胎臓界の曼陀羅に
血脈一つに数珠一連
これが冥途の友ぞかし。

伊勢志摩きらり千選より

傀儡

さて、次に気になったのは「傀儡(くぐつ)」という言葉。

「傀儡」は、操り人形のこと。「傀儡子」とは日本の中世・近世に、人形芝居を見せるなどして諸国を旅した漂泊の芸能者集団。

傀儡を(かいらい)と読めば政治用語としてよく知られています。どちらも操り操られることですから同じ用法です。

古い時代は前近代的で醜悪と偏向教師に教え込まれた昭和生まれには、このおどろおどろしい言葉に馴染みのない人も多いと思います。

逆に、近世日本をベースに、現代文化をミックスした架空の世界の物語でもある漫画『NARUTO -ナルト-』にも傀儡人形や操演者がよく登場しますので、この「傀儡」という言葉は若い人の方がよく知っているかもしれませんね。

傀儡女

『傀儡謡』は恨みの歌謡ですから、それは傀儡女の歌でもあります。

wpid-20150331_01-2015-03-29-10-36.jpg

一日一夜(ひとひひとよ)に 月は照らずとも
悲傷(かな)しみ鵺鳥 鳴く
吾がかへり見すれど
花は散りぬべし
慰(なぐさ)むる心は
消(け)ぬるがごとく

新世(あらたよ)に 神(かむ)集(つど)ひて
世は明け
鵺鳥 鳴く

咲く花は
神に祈(こ)ひ祷(の)む
生ける世に
我(あ)が身悲しも
夢(いめ)は 消(け)ぬ
怨恨(うら)みて 散る

悲しい歌です。

11世紀頃から陸の宿駅で歌と共寝をする傀儡女が姿を見せ、12世紀には御所に自由に出入りして一緒に今様を謡い、貴族の配偶者の妾となりました。そして後白河法皇を魅了した傀儡女乙前の死が、傀儡女たちの歌謡が芸術として評価される最高の時代の終焉となり、13世紀になると傀儡女の名称は消滅の一途をたどり、13世紀末にはほぼ無くなっていきます。

傀儡子は 素より往来頻りにて
万里の間に 居も尚新たにす
宿を卜して独り歌ふ 山月の夜
蹤を尋ねて定めず 野煙の春
壮年には 華洛の寵光の女なりしも
暮歯には 蓬廬の留守の人なり
行客征夫の 遥かに目を側むるは
是れ斯れ 髪白く 面も空しく皴めればなり

藤原頼通

傀儡女の登場と変容

青墓と赤坂

東京にある青山墓地と赤坂のことではありません。古来、街道に栄えた宿場名。

青墓宿

青墓宿は、古代・中世の東山道の宿駅。不破関の東側にある宿駅で、古くから遊女や傀儡子にまつわる伝承が存在していました。

しかし、この「青墓」という地名には驚かされます。

「墓」という文字をもつ地名は少なく、岐阜・青墓町、和歌山・犬の墓、岡山・犬墓山、香川・王墓、岡山・王墓山、島根・御墓山、鳥取・御墓山(おはかやま)、鳥取・御墓原(みはかはら)、福島・牛ヶ墓、福島・馬ノ墓、静岡・大墓瀬、滋賀・墓谷山、新潟・墓間、福島・墓料、新潟・三墓山の15件。

青墓の地は青波賀,奥波賀,遭墓,大墓,青波加,青冢とも書きますで、多分ここは古代には海岸であり、高貴な人の陵墓があるからなのでしょう。

生物進化における有性生殖の獲得は、老化・死という「寿命」と、次世代誕生という「若返り」を生物にもたらしています。

死の象徴の「墓」という名を持つ青墓が、傀儡女の本拠地のひとつになったのも偶然なことなのでしょうか。

二つある赤坂宿

そして隣接する赤坂に杭瀬川の渡しがあり、青墓まで距離もあったので舟待ちの旅人の利便を考慮して赤坂宿ができ、青墓は衰退しました。これが中山道にあった赤坂宿の由来。

もうひとつの赤坂宿は、東海道五十三次の36番目の三河にあった宿場。ともに古くから傀儡女で有名。

東山道

ところでこの「東山道」と「中山道」。ときどき歴史の番組にも紹介されるのですが、どう違うのでしょうか。

律令時代の東山道は、畿内と東山道諸国の国府を結ぶ幹線道路であり、律令時代に設けられた七道の中で中路とされていました。江戸時代になると、江戸を中心とする五街道が整備され、幹線道路としての東山道は、中山道・日光例幣使街道・奥州街道などに再編されます。

平安海進

そして海沿いの東海道など、現在の海岸線をもとに想像するとその地名や記述に疑問を感じることも多くあります。「Flood Maps」などで当時の海水準に補正した地形を頭に入れておく必要があるようです。

Flood Maps

8世紀から12世紀にかけて発生した大規模な海水準の上昇(海進現象)のこと。ロットネスト海進とも呼ばれているが、日本における当該時期が平安時代と重なるためにこの名称が用いられている。

赤坂にまつわる千年記

古来から三河の赤坂宿は傀儡女で有名だったことは、様々な古文書にその名が登場することでも分かります。

1120年代『今昔物語集』

今は昔、円融(えんゆう)天皇の御代に、三河の守(かみ)大江定基(おおえの・さだもと)という人がいた。並みすぐれた才を持つ、きわめて慈悲心の深い人で、蔵人(くろうど。宮中の総務課)の職を勤めあげ、三河の守に任じられた。

定基には長年つれ添った本妻がいた。ところが若くて美しい女に思いをかけて離れがたくなり、それを本妻がはげしく嫉妬したため、たちまち夫婦の縁が切れてしまった。

そのため定基は若い女を妻とし、彼女を伴って三河へ下ったが、女は三河の国で重い病にかかって長く悩みわずらい、嘆き悲しむ定基が心を尽くして様々な祈祷を行っても癒えることはなく、美しい容色が衰えていくのを見ている彼の悲しみは譬えようもなかった。

重い病の末に女はついに亡くなり、定基は悲しみのあまり葬ることをせず、女の体を抱いて共寝していたが、数日後、女の口を吸ったところ何ともいえぬ悪臭がしたため嫌悪の心が生じ、泣く泣く葬った。

こうして「この世は憂きものである」と悟った定基の心に、道心が芽生えてきた。

『今昔物語集』巻第十九第二話

悟りを開くきっかけはどこにでもあるといわれますが、死んだ女の口を吸ったら悪臭がしたので悟ったとは。これすごい話ですね。

平安末期『本朝無題詩』

得名云云:參河國赤坂傀儡女中,有多口髭之者,號口髭君。故云。

赤坂宿の遊女は「口髭の君」と呼ばれたのですね。

1223年(貞応二年)『海道記』

都で隠遁生活を送る貴族が東海道を通って鎌倉まで行った『海道記』がある。

1223年(貞応二年)4月 4日、京都を出発し、東海道旅行の様子を記し、17日には鎌倉に到着し、十日ほど滞在し、母の病で帰途に着くところで終わっている。赤坂宿を次のよう記している。

九日、矢矧を立ちて、赤坂の宿を過ぐ。昔、この宿の遊君、花齢春こまやかに、蘭質秋かうばしき者あり。貌を潘安仁が弟妹にかりて、契を参川の吏の妻妾に結べり。

(矢矧を出立、赤坂の宿を過ぎる。昔、この宿の遊女で、顔は春の花の様に美しく、正確は秋の蘭のようにすぐれていた。顔は潘安仁の妹のようであり、三河国の守の妻妾になった。)

『今昔物語集』巻第十九第二話では、若い女を妻にして三河の国に赴任したのが、100年後には赤坂宿の遊君ということになっています。

1691年(元禄4年)『江戸参府旅行日記』

村や町にある大小の旅館、茶屋、小料理屋などにいる淫らな女たちのことをのべる。

彼女達は昼頃になると、着物を着替えおしろいを塗り、部屋の前の廊下から、たえず旅行者を眺めていて、 一方の女はこちらから、もう一人は向こう側から甘ったるい声出して競り合い、上がっていくよう呼び寄せ彼等の耳元でしきりにしゃべるのである。

何軒でも並んでいる宿場はとくにひどく、たとえば近くに並んで いる二村、赤坂、御油はほとんど旅館ばかり。どの家にも3~7人の女がいる。 日本の遊女の蔵とか共同の研磨機という異名を頂戴したのである。

江戸参府旅行日記

「共同の研磨機」ですか。

1802年(享和2年)『東海道中膝栗毛』

「ゆうべの泊まりは中ぐらいの宿だったから、今夜はこうしよう。私が赤坂まで先に行って、いい宿をとる。お前はくたびれているだろうから、後からゆっくり来るといい。宿から迎えの人を寄越すよ」

「それはいい。しかし、宿はどうでもいいから、女のいそうなところにしておくれ」

「合点、合点」

といって、喜多八は駆け足で先へ行った。

弥次さん喜多さんも期待するほど、赤坂宿の遊女は全国的に有名だったようです。

弥次郎は宿場の女に留められ、この先の松並木には悪いキツネが化かすからここに泊まれと言われたが、先に立った喜多八を追って御油の松並木に差し掛かると、松の根っこに喜多八が弥次郎を待っていました。弥次郎はキツネが喜多八に化けていると思い、喜多八を取り押さえて手ぬぐいで縛り、赤坂まで連れて行った。

いざ赤坂宿へ

ここまで調べてくると、現地を訪れてみたい気持ちが湧いてきました。なにせ赤坂宿は小一時間ほどのところ。観光協会のウオーキングツアーの地図を片手に出かけてみました。

トコトコ東海道_愛知県観光ガイド

wpid-20150329_09-2015-03-29-10-361.jpg

ここから御油宿に向かいます。

wpid-20150329_10-2015-03-29-10-361.jpg

今回廃業した大橋屋さん。
ウオーキングツアーではないので見学は無理かなと覗き込んでいたところ、「どうぞお入りください。」とのこと。二階に上がらさせてもらい、部屋に案内されました。

wpid-20150329_11-2015-03-29-10-361.jpg

wpid-20150329_12-2015-03-29-10-361.jpg
wpid-20150329_13-2015-03-29-10-361.jpg

夏の月

御油より出て

赤坂や

芭蕉の句碑のある関川神社を通りすぎると御油の松並木。御油宿はすぐそこ。

『ウルヴァリン: SAMURAI』のコンセプトアートによって、何故か赤坂宿の地にまで誘われたのでした。

本日の一曲

この夏やっと『ブレードランナー』の続編『ブレードランナー2』の撮影が開始されることが明らかになりました。そういえば、レイチェルもまた傀儡女。この『レイチェルズ・ソング』は『傀儡謡』の原形ともいえます。


Rachels Song – Blade Runner

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中