志賀団地と少年時代_周辺記5_東志賀小学校

wpid-higasisiga_000-2015-02-22-11-54.jpg

商店街を抜けて右折、当時はなかった北図書館と東志賀公園の間の道を抜けて、東志賀小学校の西側を南下します。

wpid-higasisiga_013-2015-02-22-11-54.jpg

東志賀小学校周辺

wpid-higasisiga_001-2015-02-22-11-54.jpg
wpid-higasisiga_002-2015-02-22-11-54.jpg
現在の北図書館の南側、当時住んでいたスターハウス。

wpid-higasisiga_003-2015-02-22-11-54.jpg
東志賀公園の向こうに見えるのが東志賀小学校。

東志賀小学校の西門前(体育館のあるところ)には藤棚のある小さな公園があり、その南側には「薬局」「内科医院」「牛乳販売店」「すし屋」が並んでいました。

wpid-higasisiga_004-2015-02-22-11-54.jpg
wpid-higasisiga_005-2015-02-22-11-54.jpg

wpid-higasisiga_006-2015-02-22-11-54.jpg
当時の医院や店が並んでいた一角。

内科医院

「火鉢」

医者に行くのは冬の風邪の時ぐらいでしたが、当時、通っていた医院の待合室にはストーブではなく火鉢が置いてありました。

朝早くて火鉢に火が入っていないときには、看護婦さんが火おこしを十能に入れて運んできて、火鉢の炭に火を移します。それから火箸を使って炭火の具合を調整するのが自分の役目。自宅には無かった火鉢の扱い方を習っていたのでした。

薬局

「アンプル入り風邪薬」

その医院のとなりにあったくすり屋で売っていたのが、アンプル入り風邪薬。

wpid-higasisiga_007-2015-02-22-11-54.jpg

アンプル入り風邪薬は、アンプルカッターというハート型のやすりで首に切れ目をつけて折り、小さなストローで吸うのですが、医者からもらう瓶に入ったピンクの甘いのより、いかにも「薬」といった感じで効きそうでした。一度だけ買ってもらって飲んだときは、ちょっとだけ大人になった気持ちがしたものです。

駄菓子屋・お好み焼き屋

wpid-higasisiga_116-2015-02-22-11-54.jpg
田んぼのあったところはゴルフ練習場からマンションに。

「毒蛾とひっつき虫」

夏はかき氷、冬はお好み焼き、いつも安くて大きなタコせんべい。

すでに多く語られた昭和レトロの代表については今更。

覚えているのは、店先の道路の向かい側には田んぼがあり、春には「毒蛾」の幼虫が道の草を食べ、秋には「ひっつき虫」が大活躍。

wpid-higasisiga_008-2015-02-22-11-54.jpg
絶滅危惧Ⅱ類 葈耳(オナモミ)

wpid-higasisiga_009-2015-02-22-11-54.jpg
荒地盗人萩(アレチヌスビトハギ)

その他、栴檀草(センダングサ) 猪子槌(イノコヅチ)など。

wpid-higasisiga_010-2015-02-22-11-54.jpg
有毒植物とは知らずにいた洋種山牛蒡(ヨウシュヤマゴボウ)

wpid-higasisiga_115-2015-02-22-11-54.jpg

学用具店

「地面事情」

志賀団地は工場跡を整地して建てられたために、そこら中に錆びた釘、ガラス片、木片、ビールの王冠などが落ちていて、とても裸足で歩ける状態ではありませんでした。

といっても現在のように何でもかんでも管理事務所に苦情を言うわけでなく、それでケガをすれば注意不足だった自分たちの責任ということになっていました。

当時の子供達にとってはいろんなものが落ちているのはそんなに悪いことではなく、たまに10円硬貨が落ちていたり、店でラムネの栓をあけてくるのを忘れたときには落ちている釘と石で中のビー玉を落したり、釘は地面に絵や線を描く鉛筆代わり、石や角の取れたガラス片はおはじき替わりと青空よりいつも何か面白いものは落ちていないかと地面をばかり見て歩いていました。

「運動足袋」

小学校の運動会のためだけに特に「運動足袋」を履きました。足袋なんて生まれて初めてでしたが、普通の足袋と違い小鉤(こはぜ)はなく足首のところがゴムでできていました。裸足でもなく、靴でもない不思議な感覚。

wpid-higasisiga_011-2015-02-22-11-54.jpg
wpid-higasisiga_012-2015-02-22-11-54.jpg

今は進化してこのようになっているようです。

今回のコースは学用品店まで。次回は稲置街道に沿ってさらに南下します。

本日の一曲

東映動画が初めて製作したテレビアニメ。やはりキャラクターなど東映動画らしさを感じます。この雰囲気は現在のジブリ作品にも垣間見ることがあります。


狼少年ケン

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中