『アナと雪の女王』そしてジブリ

今年 1月『アナと雪の女王』を記念したスイートルームが登場しました。

ザ・アイスホテル ケベックは、ケベックの郊外に 1月から 4月頃に限定してオープン。春になると破壊し、12月になるとまた建設されます。そのため毎年デザインが変わりますので、2度と同じアイスホテルは見られません。

wpid-20140823_05-2014-08-21-20-46.jpg
Canada’s Magical Ice Hotel Inspired by Jules Verne

wpid-20140823_06-2014-08-21-20-46.jpg
Anna & Elsa’s bedrooms

『アナと雪の女王』

ディズニーのアニメ映画『アナと雪の女王』の日本での興行収入は 253.6億円。『ハリー・ポッターと賢者の石』の 203.0億円、『ハウルの動く城』の 196.0億円を上回り、日本歴代 3位(世界歴代5位)の興行収入の作品となりました。

青空文庫のランキング500でも原作のアンデルセンの『雪の女王 七つのお話でできているおとぎ物語』が『風立ちぬ』を抜いて 7位にランクされています。

wpid-20140823_01-2014-08-21-20-46.png

一応、iTunes でレンタルしてみました。

wpid-20140823_02-2014-08-21-20-46.jpg

エルサが床を踏んづける体勢が女性らしくて最高に印象。

それ以外は、確かにディズニー得意の美しい色世界が次々に展開しますが、タイタニック(272.0億円)のときと同じ「これが何でヒット?」というのが正直な感想。

いろんな方がその理由を分析していますがよく分かりません。

『アナと雪の女王』に泣いているのは長女だけ? 姉妹の微妙な関係

『アナと雪の女王』主題歌の感動を深める映像の意味を心理学で読み解く

「Let It Go」歌い手騒動

2月に YouTube で公開された主人公・エルサ役の声優を務めた世界25ヶ国の女優が主題歌「Let It Go」を歌い繋ぐ動画で、日本語版を担当した松たか子の歌声が話題になっているということで早速観てみました。


『アナと雪の女王』「Let It Go」(25ヵ国語Ver.)

この「Let It Go」を聞いているとつい80年代のいろいろな曲を思い出します。


Bonnie Tyler – Total Eclipse of the Heart


Jennifer Rush – The Power Of Love (Official Video)


dexys midnight runners come on eileen


Cyndi Lauper – Girls Just Want To Have Fun

そして 5月になり、衛星放送に面白いプログラムがなく、たまには地上波でも観ようかとチャンネルを止めたのが偶然「関ジャニの仕分け∞」(観たのはこの時初めて)。

May J. が「Let It Go」でサラ・オレインに敗北し、連勝ストップとなりました。そのとき「Let It Go」を松たか子ではなく May J. という知らない歌い手が持ち歌としているのを疑問に思いましたので、調べてみれば、確かにエンディングは彼女が歌っていました。でもどこか違う感じでした。

その時受けた印象は自分だけではなかったのでしょう。映画のヒットで主題歌についても NHK紅白も巻き込み始めて「Let It Go」を誰が歌うのか騒がれています。

May J.より松たか子の「Let It Go」が心に響くのはなぜ?

しかし 1月から12月まで話題を引っ張ることができたことに、ディズニーの宣伝担当のしてやったり顔が目に浮かびます。

ジブリ解体騒動

スタジオジブリの代表取締役でもある鈴木敏夫プロデューサーは、8月3日放送のTBS系「情熱大陸」に出演し、株主総会の場で制作部門の解体を明かした。29年間の映画制作活動に終止符を打ち、今後は限られたスタッフで版権管理や、ジブリ美術館の運営管理のみ継続するとみられる。

wpid-20140823_03-2014-08-21-20-46.jpg

今年のジブリ公開作品である『思い出のマーニー』は、8月17日の時点で 26.4億円。

ディズニーの宣伝担当のしてやったり顔を思い浮かべて、悔しがっているのは鈴木敏夫プロデューサーも同じでしょう。

これまでジブリが小さな子供から老人までターゲットの幅を広げてきただけに、今回それを女子中高生だけに絞ることに疑問を感じたという。「テレビスポットはあまりにも女子中高生に絞りすぎ、中高年に向けてやるべきな新聞広告も中高生になっているからね。ターゲットを間違えて宣伝しているんじゃないの? と。もう少し俺に聞いてくるのかなと思ったら本当に聞いてこないのね。全然尊重してくれなくてね」と笑いながら続けた。

シネマトゥデイ

すでに腹のなかでは、

「何考えているんだ。これまでスタジオジブリの作品が支持を得てきた理由をちっとも理解していないじゃないか。それに現在のスタジオジブリを維持するのに毎月どのぐらい経費がかかっているのか分かっているのか。趣味でやっているんじゃないよ。みんなの将来と生活がかかっているんだ。」

「とはいうものの、もう自分たちの時代ではないし、マスの人々の嗜好も変わりつつあるようだ。この調子では先がない。今後、収益が半減するなら、組織をもっと簡素化して身の丈に合ったかたちにするしかない。そのかわり宮崎駿監督のように制作にぜいたくはできないし、そうなればスタジオジブリの作品も支持され続けるかどうかも分からない。リスクはあるがスタジオジブリの存続のためにはやるしかない。」

と考えているかも知れません。

マスの人々の嗜好が変わりつつあることについては、

普通の人達の普通の生活、淡々とした生き方の中に存在するキラリと光るモノ、それがこれからマスの人々の共感を呼ぶコンテンツになっていくのかもしれません。

それはあまりに現実的すぎて、エンタメとはかけ離れてすぎており、社会性も帯びてくるものなのかもしれませんが、やはり『アナと雪の女王』が受け入れられている今の世の中を眺めてみると、それはもう必然の流れかなぁと。

更に今、普通の人に飽き始めた雑誌はどうしているのかというと、建物を取り上げていると。

ジブリ鈴木敏夫が語るエンタメの歴史的転換点と、「普通の人」が主役になる時代

インターネットの普及に伴う疑似全能感によって、物事を大きく感じ取る感覚が低下ているのでしょうか、どうも自分の経験、知識、情報だけで見つけた身の回りの単純なモノへの共感へと変化しつつあるようです。

『思い出のマーニー』の動向を見て、宮崎監督がもう長編を制作しないのであれば大幅な減収は免れず、現在のジブリの若手の能力を見直した結果、制作部門をの解体し、スタジオジブリの組織を再構築するのは経営者として当たり前の話。それがこんなに大騒ぎになるのはみんなジブリ作品を愛しているからなのでしょう。

今思えば、宮崎駿監督の後継者として期待されていた近藤喜文氏の死去が本当に残念です。

神々は闇の中

wpid-20140823_04-2014-08-21-20-46.jpg
MY MODERN MET
http://www.mymodernmet.com/profiles/blogs/laura-williams-photography

物事は二元性のようなものを用いて解決することができるとは思わない。 そのように考えていない日本では神々は闇の中です。

宮崎駿_テレグラフ紙

宮崎駿作品は水木しげる先生が描く世界とは異なるもうひとつの妖怪世界。

妖怪が現実の世界であたりまえのように隣にいる。彼らによって「忘れてしまったもの、気付かずにいるもの、失くしてしまったと思いこんでいるもの」に気付かされます。

偏執狂的な観察眼を持つ宮崎駿監督のアニメでの表現力は誰にもまねができません。セリフではなく、表現で伝える。これにより多くの人が気付かされます。闇の中の神々は言葉では語ることができないのです。

これは米林宏昌、宮崎吾朗には見えない世界でもあり、日本人の心の琴線に触れて100億円超えの興行収入をもたらす原動力でもあります。


本日の一曲


ちょっと大人のジブリ映画メドレー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中