夢は覚めるもの。

wpid-20140531_00-2014-05-31-15-04.jpg

それが明晰夢であれ、とにかく夢のあとは目覚めがきます。目覚めなければ幻か、あるいは。
できれば気持ちよく目覚めたいものです。

Relax Melodies Oriental
wpid-20140531_02-2014-05-31-15-04.jpg
気持ちよく目覚めるにはよく眠ること。

iPhone のアプリにも気分をリラックスするためのものが増えてきました。そのなかで人気なのが「Relax Melodies Oriental」というアプリ。

「Relax Melodies Oriental」の特徴は流行のバイノーラルビート周波を含む高品質の東洋風環境サウンドが用意されていて、それに自分の iTunes の曲をそれぞれ異なるボリュームでミックスしたものをマルチアラーム&タイマーシステムでコントロール。といったところでしょうか。(有料のプレミアムバージョンでは曲数などが増えます。)

実際には、「Relax Melodies Oriental」の「瞑想用の鐘」「大きなゴング」というサウンドにミュージックアプリでその日の気分に合ったアルバムを選択、それぞれのボリュームを微妙にバランス調整して、最後に寝る時間に合わせ幾つか用意してあるタイマーから時間を選択、 Airplay を利用して Bluetooth スピーカーに流しています。

おかげで一気に眠りに入ることができます。

Relax Melodies Oriental

気持ちよく目覚めるための 8 の方法

wpid-20140531_01-2014-05-31-15-04.jpg

以前 WIRED NEWS に「気持ちよく目覚めるための 8 の方法」というテーマの記事がありました。イタリア版からの転載のようですが、

• タンパク質たっぷりの朝食

• 毎朝運動をすること。20分でいい

• ヨガの呼吸法を行う

• 光に注意:ブラインドを上げる

• 起きたらすぐに水を飲むこと

• 目覚まし時計を遠くに置くこと

• いつも同じ時間に起きる

• よく眠ること。カフェイン、アルコール、コンピューターは駄目

気持ちよく目覚めるための8の方法_WIRED

Otto modi per svegliarsi riposati_WIRED

という 8つの方法が紹介されています。

何故か寝るときから起きたあとまでの順序がばらばらなのですが、いくつかは自分の習慣と重なっていて、気持ちよく目覚めることができることも多いは確かです。

目覚まし時計代わりにタイマーセットした NHK BS のワールドニュースのアナウンスの声で目が覚め、ブラインドを上げ、朝向けに選曲した音楽を流し、不純物もミネラル分も取り除いたピュアウォーターを一杯、朝風呂に浸かり、毎朝の運動はテレビ体操、鳥たちと仏壇の世話をしてからイスに座って瞑想というのが最近のスタイル。

日によってはワールドニュースのチャンネルがゴルフ中継に変わっていてハッとして起きるときもあります。月曜の朝からのんびりムードのゴルフ中継とは何を考えているのかと思ってしまいます。別のチャンネルで放送されているので切り替えるわけですが、視聴者の利便性無視のこの不便さは視聴料減額もの。

また昨年末にはテレビ体操で突然、アシスタントの押味さんが天井澤(あまいざわ)という姓に変わり、珍しい姓で問い合わせが多かったのか途中からクレジットによみがなが表示されるようになり、地味な番組にもこんなことがあるのかと感心したり。

https://www.youtube.com/watch?v=DfgGMVXZAiM
テレビ体操

光目覚まし

wpid-10240531_03-2014-05-31-15-04.jpg

明治 5年(1872年)に、従来の太陰太陽暦を廃して翌年から太陽暦を採用することが布告されました。布告されたといってもその日から全国が一斉に太陽暦に変わったわけではないでしょう。ある程度の時間をかけて地方に伝播したと考えられます。

それ以前の日本では室町時代ごろから日の出と日の入(または夜明けと日暮れ)の間をそれぞれ6等分する不定時法が用いられるようになっていました。つまり夏至では昼の刻の長さを2時間38分、夜は1時間21分です。冬至は昼の刻は1時間50分、夜は2時間10分と長さが逆転します。刻を時間と言い換えれば1時間の長さが季節により変動していたのです。

つまり不定時法のほうがずっと歴史があり人間の生活のサイクルにも不都合はなっかたわけで、現在の常識である定時法はたかだか150年ほどの浅い歴史しかないのです。

自然と共に生きる生物としての人間のサイクルから考えれば不定時法のほうが自然と思われますが、定時法が当たり前の現在では日の明かりとは関係なく起きなくてはいけません。(石炭や石油、ガスなどのエネルギー源が無くなれば別ですが。)つまり生物としての人間と現代社会における人間のありかたには無理が生じているわけです。

やっとこのことに気がついたわけではないでしょうが、最近流行っているのがフィリップスの目覚ましライトです。

寝る前に起床時間をセットすると目ざましの音が鳴る30分前に日の出のシミュレーションが始まります。最初は薄暗くて、最後は200ルクス全開になります。目ざましの音が鳴る頃には部屋はすっかり明るくなってるんですね、

まさに生物としての人間の本能を人工的に利用して、まあ江戸時代の以前の感覚を現代に再現しているとも言えます。とうとう家電技術もここまで繊細になってきたのかと感心することしきりです。

目覚めの音

明るさがまぶたを通して感じられるようになり、小鳥のさえずりやまな板の音など朝を感じる音を聞くことで、夢うつつの境にある意識が現実に戻ってきます。

飼っている鳥たちは同じくらいに目覚めますのでそのさえずりで起きることはないのですが、淡々と最新の世界のニュースを読み上げる声が聞こえ始め、語られる単語に現実感を感じて朝がきたと意識するわけです。鳥たちも同じように、TV のスイッチオンが聞こえると同時にさえずり始めます。

朝を感じさせる音は人それぞれなのですが、できれば気持ちのいい音でゆるやかに目覚めたいもの。

不思議な生活スケジュール

「芸術家は規則正しい生活を送らなければいけない」

サティの文章を集めた書籍「Memoirs of An Amnesiac」に掲載されているもので、アメリカの女性雑誌がサティに「あなたのような優秀な人物はどのように一日を過ごしているのですか?」と尋ねた際の彼の返答とのこと。

ほとんどの小説家に共通していることは、アイデアが思い浮かばなくて書けなくても小説を書く時間を決めているという点だそうです。

また漫画家のイメージといえば、締め切りに追われ、慢性睡眠不足で、不健康といったあまり良いイメージですが、人気の漫画家さんでも規則正しい生活を送っている人もいるようです。

早起き

wpid-20140531_04-2014-05-31-15-04.jpg

気持ちよく目覚めるための 8 の方法を実践しようとするとそれなりに時間がかかります。つまり早起きする必要があるのです。

Forbes の記事に「成功した人たちが早起きして朝8時前にしていた5つの習慣」というものがありましたが大体内容は同じです。ただ、そこは経済専門誌らしく、

• 今日一日の計画を立てる

自分のポテンシャルを最大限に引き出す方法とは、一日の計画を立て、目標とやるべきことを明確にするというもの。朝は一日の中で最も静かな時間帯なので、その日の計画を立てるには最適です。優先的に行うべきタスクがあれば、朝の早い時間にそれを行うこともできるので、一日の仕事がはかどることにもなります。また、予定の中にやるべきタスクを全て詰め込んでしまっても、早起きすることで、長めの連続した時間をタスクにあてがうことが可能になります。

• 一日の始めに1番重いタスクをもってくる

誰しもToDoリストの中にはやりたくないけどやらなければいけない重いタスクを持っているものです。これはどれだけ引き延ばそうと四六時中のしかかり、そのタスクをこなすまではずっとストレスとしてつきまとってきます。このストレスへの簡単な対処法は、やりたくないタスクを一日の1番始めに処理してしまうというもの。

朝は(一般的には)最も安らかで活力のある時間帯なので、より難しい問題に取り組むには最適。そして一日の仕事はタスクをこなすごとに徐々に楽なものになっていく、と考えればOK。そうすれば仕事が終わった頃にはリラックスして、自由な時間もゆったりと取れることになります。

というものが加わります。

5 Things Super Successful People Do Before 8 AM – Forbes

2014年 6月25日、世界最大のビジネス誌、Forbesの日本版を創刊します。

さらにはスティーブン・R・コヴィー博士のベストセラー『7つの習慣』につながっていくのでしょう。

wpid-20140531_05-2014-05-31-15-04.jpg

本日の一曲

「チルアウト」というジャンルは、もともとダンスで火照った体を休め、落ち着かせる機会を与えるためダンスフロアの端にしつらえた冷たい(Chill)部屋で流された音楽が由来。ニューエイジと似ているのですがもう少し官能的です。


Wonderfull Chill Out Music Love Chapter 3 Beaches HD

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中