やっと思い出したコーヒーショップ_鳴子ダイエー物語 1

2013年7月31日の今日、ダイエー鳴子店が閉店しました。1972年 9月15日の開店以来41年にわたるその歴史にピリオドが打たれました。 …

Wikipedia の『ダイエー鳴子店』の項目に載っているかつて存在したテナントに載っている開業当初のテナントは「ペガサス」と「あいわ」の2店のみ。ほんとうはもっとあったのですが、41年前を記憶している方で Wikipedia に情報を投稿するスキルをお持ちの方は少ないのかも知れません。

Google で検索してみてもほとんど情報はありません。

ということで、すっかりセピア色化した自分の記憶の断片を書き留めておくことにしました。
まずは専門店街にかつて存在したテナント名から。

あいわ(ペット)
日進堂(本)
和光(眼鏡)

コルドバ(靴屋)
白鳳堂(レコード)
キャロット(子供服)

みどり(手芸)
エイト?(カー用品)

ヒロセ(お好み焼き)
スガキヤ(ラーメン)
ペガサス(レストラン)

ここまで書き進めてきて、飲食街にあったコーヒーショップの店名がどうしても思い出せません。

この記事は閉店数日前までにアップしようと思っていたのですが中止して、その店のネーミングが「濁音があり、ヨーロッパ調」という頼りない記憶を元に覚えている飲食店の名前の総ざらいを始めました。

そして5日目の閉店当日。やっと思い出すことができ、無事に間に合わせることができました。

その名はビクトリア(コーヒーショップ)。

「番傘」を買った記憶のある和装小物店もあり、どうやら「やまと」だったようですが、残念ながら確信がありません。

気が向けば、この40年前の記憶でも書いてみようと思います。

そういえば、ニルソンももういないのですね。

Harry Nilsson – Without You 1972 (HD)

NEXT → ほんの数百メートルのかよい道_鳴子ダイエー物語 2

広告