「Adlesse」てなんだろ。

You Tube のダウンロードに愛用している Safari の 機能拡張に「FastestTube」があります。 …

FastestTube

FastestTube

ワンクリックで、現在観ている You Tube の画像が MP4 と FLV フォーマットでダウンロードすることができ、著作権を侵害しているとして、ある日突然削除されてしまうことの多い画像をコレクションしておくのにこれほど便利なものはありません。

ところが、今日からなんだか調子がおかしいのです。といっても「FastestTube」の動作ではありません。Web サイトの表示が何だかおかしいのです。

いつもならサイトの右側に

と広告が表示されるはずなのに

と表示されるのです。
(「Show orignal ad」を選択すればで元の広告に戻ります。)

そういえば今朝、そのサイトを表示する前に何か警告のようなものが表示されたような気がします。何の気なしに「OK」してしまいましたが、それからどうも変なのです。

Safari の機能拡張を調べてもおかしなものはインストールされている様子もありません。Safari をリセットしても症状は変わりません。不思議です。

念のため機能拡張の動作を停止してみると症状が直りました。ということで、こんどは機能拡張をひとつずつ入り切りして確認してみると、どうも「FastestTube」が症状を引き起こしているようです。

さっそく「FastestTube」のサイトにアクセスすると

の文字が目に飛び込んできました。

どうも新しいバージョンで「FastestTube」が「Adlesse」の機能を内包したようです。どうりで機能拡張には変化がなくても変な動作をするようになった訳です。

Adlesse


Adlesse – ad blocking software

この「Adlesse」を調べてみるとウェブ広告を好みの情報ボックスで自動的に置き換えるもののようです。

現在は「天気予報」「三面記事」「最新のツイート」「名言・名句」「おもしろい話題」の情報ボックスで広告を置き換えられますが、今後この情報ボックスの内容は増えていくそうです。

要はウェブ広告欄を自分に必要な情報欄に置き換えてくれるらしいのです。発想としては面白いかも

adlesse

しかし、お世辞にも美しいとは言えない天気アイコンや英語のローカルニュースではおもしろくないので、設定を変えてみようとしても受け付けてくれない現在の状態では、まだ元の広告欄のほうがいいかも知れません。

とはいえ便利な「FastestTube」の機能を切る訳にもいかないので、そこが悩ましいところでもあります。

現在、You Tube のダウンロードには Clip Grab を愛用していますので、面倒な Adlesse の設定からは開放されています。

本日の一曲


CIRQUE DU SOLEIL – ALEGRIA

広告