LOVE REIGN O’ER ME 5_邦題は『再会の街で』

wpid-saikai02-800-2011-05-22-21-20.jpg

先日暇に任せてぼんやりと TV で映画を観ました。タイトルは『再会の街で』。


Reign Over Me Trailer

ある歯科医が、大学時代のルーム・メイトと再会。しかし 9.11 で妻子を失った彼はいまだに立ち直れず、心を閉ざしていた。そんな彼を立ち直らせようと行動をともにする。といった内容なのですが、バックに流れる曲がザ・フー の『Love Reign O’er Me』。

やっぱり The Who はいいなと思ってぼんやり観ていたのですが、突然、

「いや待て、この映画なんか記憶があるぞ。」

『Reign Over Me』の邦題は『再会の街で』でした。2011年5月

ザ・フー の『Love Reign O’er Me』と映画について記憶をたどっていくと、4年前に「Love Reign O’er Me」というタイトルのブログを書いていたのを思い出しました。

そのブログの最後に映画『Reign Over Me』について触れていたのですが、当時日本公開も未定で、邦題のタイトルも付けられていなかったため、2007年12月に日本公開されたときには『Reign Over Me』が『再会の街で』だったので気がつかなかったのです。

『Love Reign O’er Me』と『Reign Over Me』と『再会の街で』

wpid-osama-bin-laden-2011-05-22-21-20.jpg

そのブログを書いてから 4年の歳月が過ぎ、5月2日(日本時間)にはパキスタンにおいてアメリカ軍によりウサーマ・ビン・ラーディンの死が確認され、2001年以来続いてきた対テロ戦争は一つの節目を迎えています。

ウサーマ・ビン・ラーディン容疑者殺害について、ブッシュ前米大統領は「大喜びはしなかった。憎しみから行方を追っていたのではなく、正当な裁きを受けさせるためだったからだ」と語った。

CSI

ザ・フー といえば、「CSI:科学捜査班」。あれからどうなったのかといえば、

海外ドラマ「CSI:科学捜査班」の第10シーズンが日本でスタート、ついに10周年を迎えました。第9シーズンの第10話からギル・グリッソムから、ローレンス・フィシュバーン演ずるレイモンド・ラングストンと入れ替わり、面白さも半減といったところですが、ストーリー的にまだ復帰する伏線は残されていて、視聴率の低下に伴う復帰ということもあり得そうです。サラ・サイドルも戻ってきたことですし、レイモンド・ラングストンとの早期交代を期待しながら観ています。

NEXT → Love Reign O’er Me 6_交響曲『四重人格』

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中