最近のCMについて

心にしみる CM とはこのことかもしれません。 …

井上雄彦smile×小田和正「ダイジョウブ」
ということで
祝福日本災民早日脫難!井上雄彦「Smile」

最近どうも CM のことが気になります。
あまりにもおかしな CM が繰り返し流されて、気分が悪くなるせいでしょうか。

オールドスター特集

CM サントリー 「見上げてごらん夜の星をA」篇 60s

サントリーはウィ・アー・ザ・ワールド(We Are The World)パクリの「上を向いて歩こう」「見上げてごらん夜の星を」のオールドスター特集。「3.11」以降、太平洋プレートのズレと一緒に、世の人々が覚醒しつつあるのをまだ理解できていない企業の広告見本ですね。

「ポポポポーン」のお馬鹿な CM が減ってホッとしていたところにこの CM が始まり、再びため息が出てきてしまいました。ちなみにこの CM、バブル時代の当時サントリー社長の東北熊襲発言もあって賛否両論となっています。

東北熊襲発言
1988年「JNN報道特集」で、佐治敬三が「仙台遷都などアホなことを考えてる人がおるそうやけど、東北は熊襲の産地。文化的程度も極めて低い」と発言した。この発言は、特に東北地方で大きな反感を買うことになった。

熊襲(くまそ)とは、古代の日本において九州南部にいた反朝廷派勢力をさした言葉である。対して、東北地方の住民は蝦夷(えみし)と呼ばれていた。両方の呼称ともヤマト王権側が付けた蔑称。

東北熊襲発言_Wikipedia

このサントリーの CM、番組のように予告されずに突然始まり、チャンネルを変えることができない分、嫌いなタレントの顔を強制的に見させられる横暴な CM と思いますが、何故かカトちゃんは許せてしまいます。どうでもでもいい人を削って志村けんも出演させて欲しいものです。

もともと文化を気取った CM の多いサントリーですが、所詮、酒造企業。ストレスがものすごく増えているこの時期、「飲み過ぎによるアルコール中毒に気をつけましょう。」といった啓蒙 CM を流すのが企業としての社会的責任ではないでしょうか。

最長記録

サントリーの CM の押し付けがましさに対して、最近いろんな企業CM のバックに流されている小田和正さんの曲。

26日に発表されたオリコン週間アルバムランキング(5月2日付)によると、シンガーソングライターの小田和正さんが3年5カ月ぶりにリリースしたアルバム「どーも」(20日発売、アリオラジャパン)が8万1000枚売り上げ、初登場首位を獲得した。「オフコース」の一員としてデビューした1970年4月から41年1ヵ月での首位は、69年に「ジャクソン5」の一員としてデビューしたマイケル・ジャクソンさんがアルバム「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」で首位を記録した40年を上回る最長記録となった。

毎日新聞

この時期、彼の曲がこころに染みます。サントリーのオールドスター達が束になっても、彼の歌声にはかないません。

オフコース_さよなら

そして財津和夫。
チューリップ_青春の影

そういえば、アリコの CM からは「まねきねこ」がいなくなったようで、よかった。

広告