ダウンロード第一号

日本国内で iTunes Store の映画配信が開始されたので、さっそくダウンロードしてみました。 
日本国内で iTunes Store の映画配信が開始

11月11日、日本の iTunes Store で映画が提供されるようになったことが発表されました。

さっそく iTunes Store で「映画」を表示させてみました。ところが1,000本以上が用意されているとのことですが、通常の表示ではなかなかその全容が分かりません。 ということで、「カテゴリ」から「ブラウズ」を選択してリスト表示させてみました。

ダウンロード第一号

さて、記念すべきダウンロード第一号をどれにするか。これが問題でした。 『チャイナタウン』『ニューシネマパラダイス』『グランブルー』『シャイニング』『時計仕掛けのオレンジ』などのタイトルが目に付きましたが、過去にも録画したり、 LD や DVD で映画をずいぶん購入しているのですが、幾度も繰り返して鑑賞しているものは案外と少ないのです。

ということで、「レンタルで観る」という選択肢のものは多いのですが、いざ、ダウンロードに値する作品を選ぶとなるとこれがけっこう迷うのです。 結局、初ダウンロード作品は大好きなリュック・ベッソン監督の『アンジェラ』となりました。ダウンロードは SD と HD が同時に行われ、時間は HD で約 20分。

Angel-A Trailer まだ「Apple TV」を手に入れていませんので、新 Mac mini の HDMI 経由で 40 インチの液晶TVで観てみたのですが、 HD画質だったこともあり、画像・音質ともに満足できるものでした。

ただ、ネットワークが無線LANの場合、速度の問題なのか、画像がときどきつかえてしまうので、ブリッジしているルーターを見直す必要がありそうです。

Apple TV と AirPlay

当然、iPhone にも同期でき、持ち運びもできました。

近く公開される iOS 4.2 で実現する iPhone の映画を AirPlay を使用して Apple TV にストリーミングできるのならば、Apple TV 持参であれば、旅行先や友人宅でお気に入りのビデオ鑑賞できるはずです。

Apple TV を「再発明」して、 8,800円という戦略的価格で投入してきた Apple の意図はここにあるのでしょう。

オンラインビデオレンタルとの比較は、圧倒的に iTunes Store を利用するほうが楽ですし、他社のビデオ・オン・デマンドとは、iTunes/Mac/iPhone/iPad/iPod touch/Apple TV 間のスムーズな同期機能と AirPlay を使用したストリーミング機能で差別化されます。

あとは、 iTunes Store の映画ライブラリの充実にかかっています。

映画会社だけでなく、NHK にも働きかけて、イギリスの iTunes store の「Best of BBC Drama」のように、「おすすめ NHK」のタイトルで『坂の上の雲』や『NHKスペシャル』などのタイトルも欲しいものです。 (これが実現して発表されたときは、関係業界にはかなりの衝撃があるかもしれませんね。)

さて、今日の一曲

Lasershow by Tschosef toTouching Sky from Toy O´Connor

広告