天女新世紀

人は誰でも、最後には諦めの境地に達して静かになります。そして新世紀の天女たちの歌声が聴こえてきます。 …

天女新世紀 大悲心陀羅尼

今回は、観自在菩薩(観音さま)の大慈悲を歌った大悲心陀羅尼でオープニング。


Imee Ooi- The Great Compassionate Mantra / 黃慧音- 大悲咒梵音修心版
いつもはお寺で聴くお経(陀羅尼)でも、このようにアレンジされると凡夫には心に染み渡ります。

もともと陀羅尼は「音」そのものですから、美しい歌声も楽曲の一部となります。そして「音」の持つ呪力がそっと忍び寄り、清らかな流れの中に忘我させてくれます。

お経にニューエイジ風の曲をアレンジする手法は、現代風の高齢者が増え続ける日本でも大きな流れになるかもしれません。

天女新世紀 千手観音


Thousand-Hand Guan Yin (千手観音)

ご存知の皆さんも多いと思いますが、何度観ても見事なものです。生きている人間の手がまるで別の生き物のように感じられます。これはけっしてハリウッドの CG では表現できない世界です。

この観音さまの柔らかい動きは女性のほうがエレガントで感動します。これを男性が演じたらどうなのでしょう。やはり「千手地蔵」のイメージになってしまいますね。

男なのか女なのかよく分からない観音さまですが、世を救済するに、広く衆生の機根(性格や仏の教えを聞ける器)に応じて、種々の形体を現じるそうで、その種類はじつに多彩です。

三十三身の種類
仏、辟支仏、声聞、大梵王、帝釈、自在天、大自在天、天大将軍、毘沙門、小王、長者、居士、宰官、婆羅門、比丘、比丘尼、優婆塞、優婆夷、人身、非人、婦女、童目天女、童男、童女、天、龍、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦樓羅、緊那羅、摩睺羅迦、執金剛

六観音
聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音

七観音
聖観音、十一面観音、千手観音、馬頭観音、如意輪観音、准胝観音、不空羂索

三十三観音
楊柳、龍頭、持経、円光、遊戯、白衣、蓮臥、滝見、施薬、魚籃、徳王、水月、一葉、青頚、威徳、延命、衆宝、岩戸、能静、阿耨、阿摩提、葉衣、瑠璃、多羅尊、蛤蜊、六時、普悲、馬郎婦、合掌、一如、不二、持蓮、灑水

覚えきれません。

天女新世紀 ぎゃーてーぎゃーてー(般若心経)


Buddhist Chant – Heart Sutra (Mandarin) by 黄慧音

黄慧音(Imee Ooi/イミー・ウーイ)
マレーシアの音楽プロデューサー、作曲家、編曲家。伝統的なマントラやダラニなどに曲を付けで仏教歌として 、サンスクリット語、パーリ語、チベットや中国語の言語で歌うボーカリスト。
Wikipedia

イミー・ウーイさんが歌うこの般若波羅密多心經唱頌 ( The Prajna-paramita Heart Sutra Chant )、実際には、「2」もあって各々27分近く、計1時間近いたいへん長い曲です。

とくに「不生不滅。不垢不浄。不増不減。是故空中」のサビは最高。

このように包み込むようなアレンジで歌われるのならもっと親近感がわいて、「般若心経」の深い意味を直接感じ取ることができるかもしれません。

しかし、現在かなりマイナーなことも確かです。なにしろiTunes でダウンロードして聴いていたら Last.fm ではたった一人の最近のリスナーでベストリスナーに選ばれてしまいました。

Last.fm

今の日本の状況では、このイミー・ウーイさんを NHK がドキュメンタリ特集のテーマ歌に取り上げれば、シルクロードの喜多郎のようにメジャーになるかもしれません。

彼女が表に出てくれば、仏教界にも若い人のための新しい流れが起きる可能性もあります。

いまのところ、日本では初音ミクが、がんばっているようですね。

歌って覚える般若心経

天女新世紀 台湾の比丘尼

イミー・ウーイさんの唄を聴きながら、ふと3年ほど前に話題になった新聞の記事を思い出しました。
残念ながらその記事を現在は見ることはできないのですが、

台湾の人口は約2300万、そのうち約1000万人が仏教信者と言われています。
仏教信者の数は、20年で倍増しました。
さて、台湾仏教のもう一つの特徴は、冒頭の写真に見られるように尼僧の割合が極端に多いことです。
台湾全体では、「出家衆(比丘+比丘尼)」は約 20,000人、その約75%が比丘尼(尼僧)。
(出典:中国仏教協会 1995年では約66%)

例えば仏光山では、僧侶 1,800人のうち、実に8割が比丘尼(尼僧)です。
ここ7年間で327人の女性が出家しているということで、その増加傾向は顕著です。
そして、高学歴化が非常に目立ちます。
大卒188人、修士 53人、博士 4人・・・・・

つまり、台湾仏教は高学歴の若い尼僧たちによって支えられている訳です。

中国における仏教の広がり方、その特長を見ていくと、仏教の展開についての一つの方向性が見えてくると思います。

台湾仏教を担う尼僧たち

日本では瀬戸内寂聴が尼僧として有名ですが、そのため尼僧にあまりいいイメージを持つことができません。そろそろ、これからの時代に合った「観音さま」のような比丘尼が現れてもいいころかも。

天女新世紀 ふっていそんしたーらんじー(仏頂尊勝陀羅尼)


Imee Ooi – Usnisa Vijaya Dharani Sutra

陀羅尼は、かの玄奘三蔵法師が、翻訳をすると原意からはずれるということで、サンスクリットの発音のまま漢字にしたそうです。

そのため意味は不明ですが、イミー・ウーイさんで聴くとなにやら霊験あらたかな「呪文」に聴こえてきます。

ちなみに閻魔王が仏前に拝し、この陀羅尼を拝するものを守護し、地獄に陥らしめないと誓願したそうです。

ナウボーバギャバテイ・タレイロキャハラチビシシュダヤ・
ボダヤ・バギャバテイ・タニャタ・オン・
ビシュダヤ・ビシュダヤ・
アサンマサンマ・サーマンダー・
ババサソワランダ・ギャチギャカナウ・ソワハンバ・ビシュデイ・
アビシンジャトマン・ソギャタ・バラバシャナウ・
アミリタビセイケイ・マカマンダラハダイ・
アカラアカラ・アユサンダラニ・
シュダヤシュダヤ・ギャギャナウビシュデイ・
ウシュニシャ・ビジャヤ・ビシュデイ・
サカサラアラシメイ・サンソジテイ・
サラバタタギャタ・バロキャニ・
シャタハラミタ・ハリホラニ・
サラバララギャタ・キリダヤ・
ヂシュタナウ・ヂシュチテイ・マカボダレイ・
バザラキャヤ・ソウカタナウ・ビシュデイ・
サラバ・バラダバヤ・ドラギャチ・ハリビシュデイ・
ハラチニバリタヤ・アユシュデイ・サンマヤヂシュチテイ・
マニマニマカマニ・タタタ・ボタ・クチハリシュデイ・
ビソホタボーヂシュデイ・
ジャヤジャヤ・ビジャヤビジャヤ・サンマラサンマラ・
サラバボダヂシュチタ・シュデイ・バジリバザラ・ギャラベイ・
バザランババト・ママシャリラン・
サラバサトバナン・シャキャヤ・ハリシュビシュデイ・
サラバギャチハリシュデイ・
サラバタタギャタシッシャメイ・
サンマシンバサエントウ・
サラバタタギャタサンマシンバサヂシュチテイ・
ボウヂヤボウヂヤ・ビボウヂヤビボウヂヤ・
ボウダヤボウダヤ・ビボウダヤビボウダヤ・
サーマンダーハリシュデイ・
サラバタタギャタキリダヤ・
ヂシュタナウヂシュチテイ・マカボダレイソーワーカー。

覚えようかな。

しかし、この感じどこかで出会ったような。「ビューティフルワールド」でしたっけ。


Beatiful World, Pana Kama Dunia

Beautiful World は Phil Sawyer のプロジェクトです。 彼は、ロンドンで生まれたイギリス人のニューエイジミュージシャンです。 1990年代の半ばに、彼は Malcolm Sargent Festival Choirと特に歌手 Russian Roulette (通称 Rush Winters ) Beryl Marsden と Miriam Stockley と共に働いていました。Beautiful World の名前で、「In Existence」1994、「Forever」1996 の2枚のアルバムを発表しています。 歌の多くがスワヒリ族の歌詞を含んでいますが、他のものは、英語あるいはフランス語です。またはインストルメンタルのみです。
Last.fm

菩提薩婆訶

広告