スパティフィラム_etc

wpid-pastedgraphic10-2014-10-25-05-29.png

数年前から「スパティフィラム」の花が咲くようになりました。

ペットのような植物

この観葉植物、なんと16年前に近所の農業センターのお祭りの時に景品として貰ったもので、
別名を「現金草」と勝手に付けています。

その由来は、この草は水を切らすとすぐに葉がしおれてしまいますが、水を与えた途端、みるみる元気になるのです。ほかのに比べて根性が少々足りないような気がしますので、現金な奴だとついあだ名を付けてしまいました。表現が豊かといったほうがいいのかもしれませんが、何となく動物のペットのような雰囲気のする観葉植物です。

その名は「スパティフィラム」

ずっと面度は見ていたのですが、花をつけることもなく、笹の葉っぱのような鉢植えのどこがいいのかと思っていたところ、ある年突然、開花するようになったのです。またその花が変な形でしたのでやっと名前を調べる気になりました。その名は「スパティフィラム」。

白い花がすっくと立ち上がり、仏炎包に包まれた白い花と深緑の葉とのコントラストが鮮やかなので、やはりこいつは観葉植物だったのだと10年後に納得した次第です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中