虚空のスキャット_リチャード・ライトに捧ぐ

ピンク・フロイドのメンバーでメロディーラインが一番好きだったメンバーがいなくなってしまいました。

英ロックバンド「ピンク・フロイド」の発足メンバーのリチャード・ライト氏が、2008年9月15日癌のためイギリスの自宅にて死去。65歳。

追悼。

みんなコメントしている…Restinpeace,Richard!安らかに眠れと。

Clare Torry – The Great Gig In The Sky (Live 1987)

Pink Floyd Clare Torry “The Great Gig in the Sky” interview

 ピンク・フロイド

Rock Legends – Pink Floyd

ピンク・フロイド_好きなアルバム

20160130_01.jpg

『狂気(TheDarkSideOfTheMoon)』

28年以上(1530週以上)に渡ってチャートインするというロングセラーのギネス記録を打ち立てた歴史的なアルバム。

20160130_02.jpg

『ウェット・ドリーム(WetDream)』

『狂気』に収められた『アス・アンド・ゼム』のアンニュイな流れを汲むリチャード・ライトのソロアルバムで、完全にマイナーなのですが最高です。

20160130_03

『炎~あなたがここにいてほしい~(WishYouWereHere)』

これが本当のピンク・フロイドのベストアルバムではないかと内心思っています。

20160130_04.jpg

『鬱(AMomentaryLapseofReason)』

自分自身こそがピンク・フロイドであると考え、このアルバムを「非常に精巧に作られたピンク・フロイドの贋作」としたロジャー・ウォーターズを切り捨てて、やっと本当のピンク・フロイドが戻ってきてくれた記念すべきアルバム。

ピンク・フロイド_好きな曲

『虚空のスキャット(TheGreatGigInTheSky)』

狂気に収められた『虚空のスキャット』が誰が何と言おうとピンク・フロイドの最高傑作と思っています。

クレア・トリーは普通のヴォーカルのように歌詞を歌うつもりでマイクの前に立つのだが、ピンク・フロイドは「いやいや、何の言葉もいらないんだ」と。誕生から死までを声だけで歌い上げろと。酷な依頼だが、その場でそれに期待以上に応えたのは驚異だ。

『アス・アンド・ゼム(UsAndThem)』

『あなたがここにいてほしい(WishYouWereHere)』

『あなたがここにいてほしい』WishYouWereHereは、かつてのリーダー、シド・バレットへ捧げられた曲

きみは 天国と地獄を区別できるって思ってるの?
そして 苦痛と 青空も
冷たい鉄のレールと 緑の野原も
失笑と 微笑みも
区別できるって 思っているの?

あいつらに そそのかされて
亡霊のために 英雄を引き渡してしまったの?
樹々のために 熱された灰を
涼しげなそよ風のために 体がほてるような熱気を
鳥かごの中のリーダーになるために
戦いに臨むことを捨ててしまったの?

ああ きみが きみがここにいてくれたら
ぼくたちは 来る年も来る年も
金魚鉢の中を泳ぎまわる ただの失われた魂
同じグラウンドを走り回るだけで
いったい 何を見つけたというのだろう
ただ以前と同じ 恐怖だけ

きみがここにいてくれたら…

『ようこそマシーンへ(WelcomeToTheMachine)』

『原子心母(AtomHeartMother)』

『原子心母』心臓にペースメーカーを埋め込んで、生きながらえている妊婦のこと。シンフォニー・ロックの傑作。

『ユージン、斧に気をつけろ(Careful With That Axe,Eugene)』

『ユージン、斧に気をつけろ』現在のnewage趣味を確立した原点。あのキリコの世界の静けさを感じさせ、神秘への興味の扉を開けてくれました。

『エコーズ(Echoes)』

さらにソフィスケートされた傑作が『エコーズ』と思っています。

『アランのサイケデリック・ブレックファスト(Alan’sPsychedelicBreakfast)』

『アランのサイケデリック・ブレックファスト』現在のサンプリング技法の起源である、ミュジーク・コンクレート。つまり、楽音ではない、人の声やさまざまな音を組み合わせてできあがった音楽作品。この完成度の高さには驚かされました。

『幻の翼(LearningToFly)』

ピンク・フロイド_嫌いなアルバム

『アニマルス(Animals)』
『ザ・ウォール(TheWall)』

ということは、アニマルス以降のロジャー・ウォーターズが嫌いということ。これは自分のピンク・フロイドではなくなってしまい、単に分かり易く興行的ヒット狙いのバンドに貶めてしまったと思っているからです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中