PhotoPresenterが「Cover Flow」搭載

20161204_00-2007-01-27-08-09.jpg

「PhotoPresenter」の2.8 betaがでました。

PhotoPresenter

20161204_01-2007-01-27-08-09.jpg

iPhotoを使用してプレゼン用スライドを作成しているのですが、iPhotoの「ken Burns」効果だけではもの足りないので「PhotoPresenter」を利用しています。

20161204_02-2007-01-27-08-09.jpg

この2.8ベータでスライドショウスタイルに「Cover Flow」がサポートされました。

そう、「iTunes 7」の新機能「Cover Flow」表示、アルバムカバーをめくる方法でコレクションをブラウズするあれです。

20161204_03-2007-01-27-08-09.png

「Cover Flow」自体は Apple のオリジナルではなく、Steelskies から買収したものです。似ている管理ソフトに「Delicious Library」がありますが、「Cover Flow」のほうがセンスがあります。
 

Coverflow: album artwork is back! 11TH AUGUST 2005

20161204_04-2007-01-27-08-09.jpg

Is there a better fun application for Macs than this? I just had to share my joy for this. Go forth and download the technical demo (requires Tiger, and iTunes of course).

20161204_05-2007-01-27-08-09.jpg

どちらにしても「iTunes Store」のアルバムカバー表示から発想を得ていることには間違いないようです。(iTunes Storeの表示を初めてみたとき、やはりローテクのシュミレーションが人にとって心地いいものだなと思ったものです。)

シミュレーション

ついでに 本当は「シミュレーション」なのですが、何故かつい「シュミレーション」としてしまいます。「シミュ」より「シュミ」のほうがかっこいいからかな。「シューマッハ」もかっこいい名前ですね。

Cover Flow の歴史

Cover Flow はアーティストのアンドリュー・コールター・エンライトが構想し、最初に実現させたのが Macintosh のインディーズ開発者であるジョナサン・デル・ストラザーだった。

エンライトは後に Cover Flow の実現に伴う混同を避けるためインターアクションスタイルとして「fliptych」と命名した。

20161204_06-2007-01-27-08-09.jpg

2006年にアップルは Cover Flow の技術を買収し、実装された音楽アプリケーションの iTunes 7.0 を同年9月12日にリリースした。

当初はスペースの入らない「CoverFlow」という名での実装だった。 スタンドアローンアプリケーションである Steel Skies の最終バージョンは2006年9月10日で次の日の終りまで無料配布されていたが、MacUpdateでは未だにダウンロード可能。

2007年1月9日
アップルが iPhone を発表した時に Cover Flow を採用するとも同時に発表した。

2007年6月11日
WWDC 開催中にスティーブ・ジョブズが基調講演で Cover Flow を Leopard の Finder におけるビューオプションとして搭載すると発表した。

2007年9月5日
アップルは Cover Flow が第3世代 iPod nano である新しい iPod classic や iPod touch に搭載されるであろうと発表した。Cover Flow は第4世代 iPod nano に組み込まれ、加速度計を使うことで Cover Flow が有効になり水平に回転する。

2008年3月14日
Mirror Worlds LLC はアップルを特許)の侵害で提訴した。

2009年2月24日
Cover Flow は Safari 4 の一般公開ベータ版で搭載され正式版の最終バージョンは6月8日に公開された。Safari 4 において Cover Flow は履歴、ブックマーク、RSSフィード、Bonjour、アドレス帳をブラウズする時に使用される。

2010年4月
アップルは Cover Flow インターフェースのデザイン特許(英語版)を取得した。

2010年10月1日
アップルは判決で Cover Flow に関する特許侵害が認められるとして Mirror Worlds LLC に6億2500万円の支払いを命じられた。

2011年4月4日
デイヴィス判事は判決を覆した。

Wikipedia

本日の一曲

2006/10/10 にアップロードされているのですが、この頃「Steelskies」という言葉が流行っていたのでしょうか。


STEEL SKIES (8,500 photos in time-lapse)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中